志尊淳の本名や学歴!ジュノンボーイ出身?熱愛中の彼女の噂も

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク


2015年の10月から「5→9~私に恋したお坊さん~」というドラマが始まりました。
石原さとみさんや山下智久さんが主要人物を担当するなか、
主人公の弟役である志尊淳さんの活躍も見逃せません。
そう!キレイな顔立ちのあの男の子です!
今回はそんな志尊淳さんについて詳しくご紹介していきます。

志尊淳

今回、主に扱っていくテーマは

・志尊淳さんの基本的なプロフィール
・ジュノンボーイ?やトッキュウジャーでの活躍
・熱愛彼女の噂

の3つになります。

皆さんが知らなかった志尊淳さんについての情報を
提供することができたらいいなと思います。

スポンサードリンク

志尊淳のプロフィール!本名や出身校など学歴も

まずは基本的なプロフィールのご紹介です。

志尊淳 プロフィール

まずは志尊淳さんの

・本名
・誕生日や出身地などの基本情報
・学歴

の3点を探っていきたいと思います!

「志尊淳」という名前を初めて聞いた方は、
それって本名なの?という疑問が生まれるかもしれません。
確かに「志尊」という名字は珍しいですからね。
韓国人ではないのか?という声もネットでは上がっています。

しかし実際に調べたところ、「志尊淳」はどうやら本名のようです。
しかも全国に一世帯しかないという噂もあります。
本当ならこの貴重な名字を絶やさないでほしいですね。

志尊淳さんは1995年3月5日生まれのA型です。
出身地は東京都で、俳優やタレントとして活躍中です。
身長は178㎝、体重は58㎏という体型を活かし、モデルとしても注目されています。

また、他にも映画や舞台などでも活躍しているので、
今後ますます人気が上がっていく人物だと思います。

志尊淳 学歴

学歴についてですが、
志尊淳さんは聖学院中学校・高等学校と一貫教育を受けてきたみたいですね。

この高校はキリスト教に基づいた教育をしているようですが、
志尊淳さんはクリスチャンではないそうです。
高校を卒業した後は大学等に進学せず、芸能界の道を歩むことになりました。

志尊淳はジュノンボーイ?トッキュージャーでも活躍

志尊淳 トッキュウジャー

志尊淳さんは幅広い芸能活動を行っています。

今回は特に

・ジュノンボーイ?
・トッキュウジャー

の2つを見ていこうと思います。

志尊淳さんはジュノンボーイと噂されています。
しかし調べた結果、残念ながらジュノンボーイではありませんでした。

ではなぜそのような噂が広まったかについてですが、
実は雑誌「JUNON」志尊淳さんを撮影したことがあるそうです。

志尊淳 ジュノンボーイ

そのことからジュノンボーイと噂されることになったのだと思います。
厳密に言えばジュノンボーイではないですが、
ジュノンボーイと言っても問題はないような気さえしますね。

志尊淳さんは2014年に「烈車戦隊トッキュウジャー」で主演を務めました。
これによって志尊淳さんの知名度がグッと上がったと思います。
志尊淳さんのアクティブなシーンが多く見られるので、
まだ見ていない方は一度見てみることをおすすめします。

志尊淳の熱愛の噂が知りたい!彼女はいるの?

志尊淳さんには彼女がいるのでしょうか?
女性ファンにとってとても気になるポイントですよね。

調べたところ

志尊淳 彼女
↑左の写真が森高愛さん、右の写真が小森美果さん

森高愛さん
小森美果さん

の2人と過去になんらかの関係があったみたいですね。
その当時はどうやら噂にもなっていたようです。

森高愛
さんとは「烈車戦隊トッキュウジャー」で共演していました。

撮影中に仲が良かったため、付き合っているのではという噂がありましたが、
証拠は全くありませんでした。
どうやら森高愛さんとは特になにもないようですね。

一方で小森美果さんとは、雑誌で合コンをしているのをスクープされたようです。
そして2人のブログ内容が似ていたことから、付き合っていた可能性が高いです。
今現在はわかりませんが、とても気になりますね。

志尊淳さんは本名で活躍する今大人気の男性俳優です。
調べていて、今後さらに人気が高まっていくんじゃないかと強く感じました。

もっと詳しく志尊淳さんを知りたい方は、
現在放送中の「5→9~私に恋したお坊さん~」を見ることをおすすめします。
志尊淳さんの魅力的な演技が見られるかもしれませんね。

最後までご覧いただきありがとうございます!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 窪田正孝
  2. 泉澤祐希 ひよっこ 角谷三男
  3. 高杉真宙
  4. 福山康平
  5. yamazaki
  6. 野村周平
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。