無印良品(MUJI)の密閉保存容器が凄い!レンジもOK!値段は安い?


この記事は3分で読めます

スポンサードリンク



今やすっかり世間に知れ渡っている無印良品
そんな無印良品密閉保存容器について詳しく見ていきます。

無印良品は質がいいものが本当に多いです。
それは保存容器についても例外ではありません。


無印良品(MUJI) 密閉保存容器

電子レンジOKな容器であり他にも保存に適した機能を備えているようです。
これを機に無印良品の保存容器に買え替えてみたらいかがでしょうか。

スポンサードリンク


無印良品(MUJI)の密閉保存容器が人気!大きさの種類は?

無印良品密閉保存容器を種類ごとに分けると、
プラスチック製、ホーロー製、ガラス製と大体この3種類に分けられます。
それらの利点をそれぞれ見ていきましょう。

・プラスチック製

無印良品(MUJI) 密閉保存容器
我々にとって一番馴染みが深い保存容器がプラスチック製のものと思います。
利点としてはホーロー製よりは価格が安いことが挙げられます。

ホーロー製と悩んでいる方はこれが決めてとなるやもしれません。
次の利点は、熱に強い点です。なんでも無印良品ではエンジニアリングプラスチックを
用いることにより耐熱耐冷温度に優れているみたいです。

少し難しいですが温度に強いことなのは分かります。また、バブル付は電子レンジもOKです。
もう一つの利点としてはやはりエンジニアリングプラスチックを用いていることにより、
透明度が非常に高いことです。これによって中身の確認もすぐにできます。

主婦野間では無印良品(MUJI)の密閉保存容器の中で一番便利なタイプだと評価が高いです!

・ホーロー製

無印良品(MUJI) 密閉保存容器
ホーローとは普段あまり聞き慣れない言葉だと思います。
簡単にいってしまえば、金属とガラス合わせて出来たもので、カビが出来にくく
熱にも優れ丈夫といった金属・ガラスのそれぞれの長所を持ったものです。

ですから洗面器具、調理器具、食器などに使われています。
よって必然的にホーロー製の良さも思い浮かぶと思います。
一つはカビに強いことです。カビが付きやすい食品などにはうってつけです。

次に匂いが付きにくく容器から匂いが漏れないことです。
匂いのキツイ食品は是非ホーロー製に保存しましょう。
コンロ直火で利用も可能です。保存したものを直接温める場合などに良いでしょう。
ただし電子レンジは利用不可なのでくれぐれもご注意下さい!!

主婦の方はすでに愛用されているかたも多いかもしれませんが
漬物などの水を多く含んだ食品にうってつけですね。

ただ、もの凄く便利にみえるホーロー製ですが欠点があります。まず透明ではないことです。
容器に保存するものを直接書くという方法も可能ですがやはり容器から直接見えないのは痛いですね。

あとプラスチック製に比べて容器自体が重いことです。重ねて利用する際は注意しましょう。
他にも値段が他のものに比べやや割高です。以上の点に注意して購入するとよいでしょう。

・ガラス製

無印良品(MUJI) 密閉保存容器
スチールのワイヤーを使用して密封できるのでホーロー以上に匂い漏れの心配がありません。
さらに密封度も非常に強いので、蓋をしていればこぼれる心配はまずありません。

さらに厚手のソーダガラスを用いているので煮沸消毒もできます。雑菌対策もこれで万全です。
また透明なので食品の見分けも一発です。瞬時に必要な食品を取り出せます。
用途として手製のジャム・ピクルスなどの保存に適しています。

以上がそれぞれの利点となります。こうしてみると無印良品の保存容器は総じて熱に強いことが分かりますね。
どれも一長一短なので用途にあったものと選びましょう。


無印良品(MUJI)の密閉保存容器はレンジも使える優れもの!使い方あれこれ


無印良品(MUJI) 密閉保存容器

先にも述べていますがプラスチック製のものは蓋をしたままレンジで温めることが出来ます。
ですから定番ですが冷蔵庫に白米などを保存しておいて電子レンジで温めて即座に美味しくご飯を食べられます。
もちろん、他の食品でもOKですのでぜひ試してみて下さい。


無印良品(MUJI) 密閉保存容器

他にも容器の大きさも豊富なので中身の分からないホーロー製のものは大きさごとに
食品の種類分けといったこともできます。
この食品はこの大きさと決めておくと取り出す際も便利かもしれません。

関連記事:今年くる人気フードの記事はこちら!
とろけるきな粉は真誠とタクセイがオススメ!レシピ&使い方など

無印良品(MUJI)の密閉保存容器は値段が安い!お手頃価格で人気!


無印良品(MUJI) 密閉保存容器

無印良品(MUJI)の密閉保存容器はその質を考えると非常にお手頃価格と言えます。
ですがあえて誤解を恐れず言えば他の容器に比べるやや割高な感は否定できません。
どうせ調べればすぐわかることですから・・・。

ただその分それに見合った機能を多く持った容器なのでそこから考えると十分お得だといえます。
当然他の商品比べ耐久性にも優れていますのでどうせすぐ捨てるようになるよりは
長く使ったほうが結局安く済みます。騙されたと思って一度利用してみてください。

ちなみに値段の目安として中サイズでプラスチック900円、ホーロー1600円、ガラス690円程度
(公式サイトhttp://www.muji.net/store/cmdty/section/S1070405)となっています。
購入する際は実際に店頭で確認して購入するのがおすすめです。

まとめ
無印良品の保存容器は、先述した特徴以外にもデザインの良さがあります。
これは保存容器のみならず無印良品全般に言えることかもしれませんが、とことんシンプルにこだわっています。
そして、ただシンプルなのではなくシンプルでオシャレです。デザインなんて関係ねえ!
と言われる方もいらっしゃる方もいるかもしれませんが実際に置いて使ってみると
やっぱりデザインがいいものを利用しているとこちらの気分も良くなりますよね。

ということで今回は主婦から絶大なる支持を得ている無印良品(MUJI)密閉保存容器について検証してみました!
最後までご覧いただきありがとうございます!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. shimamurahoihoi
  2. 及川光博 ハガレン
  3. ドラクエ11
  4. ぐっちの部屋 ミラクルぐっち
  5. 向かい干支 開運
  6. ZARA 2017 セール バーゲン
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。