iPad Proは買い?通常iPadとの違い!何ができるの?評判や噂も

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


日本を含む世界40ヶ国以上で開始しました。
価格はWi-Fi専用32GBモデルで94,800円
LTE対応の128GBモデルは128,800円となっています。

iPad Pro アイパッドプロ

通常のiPadと違うところはどこなのか?
iPad Proを使用することで何が可能になるのか?

今回はそんな疑問を解決し、評判や噂をまとめて結局買いなのかどうかを
検証していきたいと思います。

関連記事:iPad Proを使っていそうなミュージシャンといえば
⇒山口一郎(サカナクション)の出身高校と大学!熱愛中の彼女は?年収も

iPad Proと通常iPadとの違いは?

まずは従来のiPadとの見た目を比較してみます。
iPad Pro高さ305.7㎜、幅220.6㎜、厚さ6.9㎜
ディスプレイは12.9インチであり、大画面で操作することが可能です。
やはり今までと比べて断トツに大きいです。

もちろんその分重くなっていますが、この点はさすがアップルです。
重量は軽いもので713g、重いものでも723gとなっています。

これだけ大きいのにここまで軽くできる技術は素晴らしいですよね。
ではいよいよ機能面の説明に移りたいと思います。

スポンサードリンク

iPad Proは画面がとても大きいですが、従来のものより高画質となっています。
大きな画面で高画質を楽しむことが可能となりました。

iPad Pro アイパッドプロ

2,732×2,048ピクセル解像度であり、これは高性能ノートパソコンを超えています。
細かい部分までもしっかりと表示されているので、
写真を撮った際にはその高画質に驚くはずです。

従来のiPadよりも大きくなったiPad Proですが、
単に画面が見やすくなっただけではありません。

大きくなったことにより、今まで下に搭載されていた2つのスピーカーに加え、
さらに上部に2つ搭載されることになりました。

合計4つのスピーカーが搭載されることになり、
画面を縦にしても横にしても、いつでもステレオで再生できるようになったようです。

チューニングは工夫されており、高音部と低音部に分けて流れます。
音も割れることなく、自然なサウンドを楽しむことができます。

iPad Proで何ができるの?評判や噂も

iPad Pro アイパッドプロ

実はパソコン代わりに使えるということが噂されています。
iPad Proにはキーボードやペン型デバイスを用いることができます。

キーボードの名称は「Smart Keyboard」であり、
その名の通り手軽に入力することができます。

iPad Pro smart keyboad

また保護カバーとしても活躍していて、iPad Proと一体化して持ち運べます。
一方ペン型デバイスである「Apple Pencil」はビジネスシーンで使えます。

iPad Proは従来と同様に、指でタッチして操作ができますが、
この「Apple Pencil」を使うことにより、細かい部分を描写することが可能です。

Apple Pencil アップルペンシル

イラストレーターにとっては活躍すること間違いなしだと思います。
最後に意外ではありますが、ゲームの評判が良いようです。
従来のiPadでももちろんゲームを楽しむことはできます。

しかし、「Smart Keyboard」を使うと、
iPad Proを固定することができるので、両手でプレーしやすくなります。

さらに迫力のあるサウンドも加わり、より一層ゲームを楽しむことができます。
唯一の欠点はiPad Proは横向きでしか固定できないため、
画面を縦で操作するゲームはこの恩恵を受けることができない
ことです。
そこだけはちょっと残念だと思いました。

iPad Proは結局のところ買い?それとも見送り?

総合的に見ると、パソコンに完全に取って代わることはできないものの、
今までよりビジネス向けになったような気がします。

反対にそれ以外の場面ではそれほどのメリットはないと感じました。
決して安くはないので、ビジネスで使うなら買い、それ以外なら見送ってもいいと思います。

さすがはアップルの商品であり、スタイリッシュな印象を受けました。
今までよりもビジネスで活躍できる場が広がることは間違いないです。

機能も従来よりも充実していますが、必要と感じない人もいると思います。
一度商品を手に取ってみて、使い心地を確かめてから購入するようにしましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。