サイボーグかおり本名と大学は?ビートボックス・ボイパの評判も紹介

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク



ナインティナインの矢部さんとマツコ・デラックスさんが司会の
一風変わった方を紹介する番組「アウトxデラックス」で
「リズムを刻まずにいられない女子大生」
紹介されて話題になったサイボーグかおりさん。

お嬢様風のルックスにもかかわらず、人間の口のみで音楽やリズムを刻む
ヒューマンビートボックスと呼ばれる芸を始めると、ぶっ飛んだキャラクターが全開!
そのギャップがウケているようです!はじめて見た時はかなり笑いました!

バラエティーだけではなく、映画界・ドラマ界からもひっぱりダコの彼女。
名前だけではなく、ちょっと不思議なサイボーグかおりさんのプロフィールを調べてみました。

サイボーグかおりの本名は?プロフィールを紹介!

スポンサードリンク

まずはサイボーグかおりさんのプロフィールをご紹介です!

サイボーグかおり プロフィール
↑サイボーグかおりさん

名前:サイボーグかおり(CYBORG KAORI)
生年月日:1992年2月12日
出身:岩手県盛岡市

ヒューマンビートボックスを特技にしている、日本のミュージシャンです。
アウトxデラックスで、これまで見たことのないようにパフォーマンスに
度肝を抜かれた方も多いんじゃないでしょうか?

サイボーグかおりの出身大学は?学歴を調べてみました!

サイボーグかおり 出身大学
↑サイボーグかおりさんと実践女子大学

盛岡県盛岡市出身のサイボーグかおりさんの学歴を調べてみました。
高校は地元の盛岡白百合学園高等学校を卒業。

卒業後は実践女子大学人間社会学部人間社会学科に入学。
在学時に所属していたアカペラサークルJACで活動をしていたようです。

そのアカペラサークルに在籍中にヒューマンビートボクサーのTATSUYAさんに出会い、
ニューマンビートボックスのパフォーマンスを始めたみたいですね。

サイボーグかおりのヒューマンビートボックス・ボイパの評判は?

サイボーグかおりさんのヒューマンビートボックス・ボイパのパフォーマンスは
ビートの部分だけでなく、顔芸もプラスされてとても個性的でウケてます。

おもしろさばかりが先行していますが、ノイズベースという音階調節が
出来る、分厚いベース音を使いこなせるヒューマンビートボックサーとして
ビートボックス界でもスキルが高く評価されています。

サイボーグかおり アウトデラックス
↑アウトxデラックス出演時のサイボーグかおりさん

ビートボックスのパフォーマンス時の衣装はブラウスにミニのサロペットスカート
いかにも女子大生っぽい服装のサイボーグかおりさん。

いかにもヒップホップ系の服装を好むニューマンビートボクサーが多い中、
「普通の女の子でもヒューマンビートボックスはできる」
というのがサイボーグかおりさんの主張のようです。

サイボーグかおりさんはヒューマンビートボックスのフィールド以外でも、
映画界からも注目を集めています。

人気監督の園子温監督もベタぼれのようで、映画『TOKYO TRIBE』に登場したり、
『ひ・き・こ 降臨』というホラー映画で主演まで活躍の場を広げています。

以上、サイボーグかおりささんの評判と活躍についてまとめてみました!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. kawahara00
  2. 千原ジュニア ダラケ
  3. タブレット純
  4. 若林正恭 オードリー
  5. みやぞん ANZEN漫才
  6. パンサー向井
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。