柳田悠岐(ソフトバンク)の年俸と愛車!噂の熱愛彼女はアナウンサー?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


日本人プロ野球選手のなかで最強と言われるソフトバンクの柳田悠岐選手。
打者としてのスイングスピードやパワーは計り知れません。

柳田悠岐 ソフトバンク

最近ではトリプルスリーを達成し、さらなるパワーアップに成功したそうです。
今回はそんな「バケモノ」級である柳田悠岐選手のプロフィールをはじめ、
熱愛彼女の噂までもご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

柳田悠岐(ソフトバンク)のプロフィール!トリプル3の年俸は?

柳田悠岐選手は1988年10月9日生まれAB型です。
広島県広島市安佐南区出身であり、小学校から野球をはじめました。

柳田悠岐 プロフィール

もともと右投げ右打ちでしたが、小学6年生のときに右投げ左打ちに変え、
現在でもその鋭いスイングから力強い打球が放たれています。

ドラフト会議では会長である王貞治さんが「誰が一番飛ばすのか?」と尋ねたところ、
スカウトたちが「柳田です。」と即答したため、寸前のところで指名が切り替えられました。

2011年に福岡ソフトバンクホークスへ入団すると、
開幕から1軍とはならなかったものの、5月には1軍に昇格し、
代走として初出場、初得点を記録しました。

その後は1軍と2軍の間を行ったり来たりしていましたが、
打者としての活躍は目覚ましいものがあり、
2015年にはプロ野球史上10人目となるトリプルスリーを達成しました。

柳田悠岐選手は身長188㎝、体重92㎏とかなり大きく、
また、俊足で肩も強いというまさに完璧な身体能力を誇ります。

周りからの評価も高い柳田悠岐選手ですが、年俸はどのくらいなのでしょうか?
プロ野球選手として活躍し始めた2011年と翌年の2012年は
両方とも1,200万円となっていました。

しかし、2013年は1,800万円、2014年は3,200万円と伸ばし、
2015年はなんと9,000万円にまで増えていました。

今回の活躍を見ると、来年以降も年俸がさらに増えることが予想されます。
さすがは最強と言われる人物ですね。

関連記事:セリーグにもトリプルスリーが誕生しました!
⇒山田哲人のタイプは女子アナよりもモデル?熱愛彼女と結婚の噂

柳田悠岐(ソフトバンク)の熱愛の噂?彼女はあのアナウンサー?

柳田悠岐 ソフトバンク

柳田悠岐選手は野球以外でも話題になっています。
それは熱愛に関する噂です。
柳田悠岐選手の彼女は「Going!Sports&News」でお天気キャスターを務める
大川藍さんであることが濃厚なようです。

大川藍 柳田悠岐
↑こちらが大川藍さん。柳田選手の彼女?のようです

柳田悠岐選手はももいろクローバーZのファンであり、
打席登場曲にも彼女たちの楽曲を使用しています。

大川藍さんは、現在は卒業してしまいましたが、
以前は女性アイドルグループの「アイドリング!!!」のメンバーであり、
アイドルが好きな柳田悠岐選手にとっては付き合っていてもおかしくはありません。

実際に西武ドームなどで彼女を見たという目撃情報も多数あり、
柳田悠岐選手を応援しに来たのかもしれませんね。

しかし、柳田悠岐選手は球団から「結婚禁止令」を受けているそうです。
本人は結婚願望があるようですが、
結婚の報道がされるのはまだまだ先のことになりそうですね。

関連記事:柳田選手と共にホークス優勝の貢献者!
⇒松田宣浩(ソフトバンク)がFA!髪型はメジャー風?嫁と子供が素敵!

柳田悠岐(ソフトバンク)の持ち物が気になる!愛車は何?

柳田悠岐選手は、福岡ソフトバンクホークスの優勝に大きく貢献した選手として、
株式会社ヤナセ九州本部からメルセデス・ベンツE250が贈られました。

もちろんこの車は高級車であり、700万円以上もするそうです。
そしてこの車に例の彼女を乗せているなんてことも考えられます。
かわいい彼女と一緒に高級車でドライブするなんて羨ましい限りです。

柳田悠岐選手が最強とされるのは、
その打撃力だけではなく、並みはずれた身体能力にもありました。
周りからも言われる通り、本当に「バケモノ」級だと思います。

2015年にはトリプルスリーを達成して、その勢いがとどまることを知りません。
プライベートでも彼女と楽しく過ごせているようで、とても羨ましく思います。
これからも文字通り最高水準の「リア充」な人生を歩んでいるといえますよね!

最後までご覧いただきありがとうございます!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 稀勢の里 相撲
  2. 樋口新葉 フュギュア
  3. 全日本フィギュア2016
  4. 野村大樹 早実 清宮
  5. 藤光謙司
  6. 今井月 ルナ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。