箱根駅伝2016の優勝校予想!イケメンやエースなど注目選手まとめ

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク



新年最初のスポーツのビッグイベントとして、
第92回箱根駅伝2016年を楽しみにしている方は多いんじゃないでしょうか?

箱根駅伝 2016年

特にどこにも出かけない派、家でゆっくり過ごす派に
とってテレビ観戦するには最高ですよね。

もちろん、私も第92回箱根駅伝2016年を毎年楽しみにしてる人間のひとりです。
箱根駅伝には歓喜あり、涙あり、友情あり、
筋書きのない人間ドラマが毎年展開されています!

箱根駅伝

優勝に喜び、タスキを渡せずに涙したり、思わぬトラブルに襲われたり・・・。
勝ち負けや順位だけのスポーツとは一線を画すものが箱根駅伝にはあるんです!

ということで、今回は第92回箱根駅伝2016年について調べてみました。
出場校や優勝候補はもちろん、イケメンやエースなど注目選手していきたいと思います。

スポンサードリンク

箱根駅伝2016の出場校!優勝候補は?

まずは箱根駅伝2016の出場校から紹介していきましょう!

青山学院大学
駒澤大学
東洋大学
明治大学
早稲田大学
東海大学
城西大学
中央学院大学
山梨学院大学
大東文化大学

以上が2015年の順位からのシード校

日本大学
帝京大学
日本体育大学
順天堂大学
神奈川大学
拓殖大学
法政大学
中央大学
東京国際大学
上武大学

以上から予選会からの出場校

さて、優勝候補ですが2015年の覇者・青山学院大学が上げられます。
青山学院大学原晋(はらすすむ)監督はインタビューで
「学生史上最強」のレベルに仕上がっているとコメントしているようです。
箱根駅伝2連覇達成も夢ではなさそうですね。

青学に続いて注目されているのが東洋大学でしょう!
全日本大学駅伝では優勝しただけに実力では「東洋大学のほうが上」
評する陸上関係者も多いようですね。

さらに注目したいのが、駒沢大学早稲田大学東海大学
山梨学院大の歴戦の実力校!
中でも早稲田大学の選手たちの充実ぶりが凄いと噂されています。
いづれにしても激戦が予想されます!

箱根駅伝2016出場各校のエースやイケメン注目選手たち!

出場校の有力選手を学校別にご紹介します!
注目エース選手はもちろんイケメン選手も取り上げますのでご覧ください。
アナタ好みのお気に入りを探して応援するのも楽しいかもしれませんよ。

青山学院大学 有力選手

青山学院大学 箱根駅伝

久保田和真(3年)
一色恭志(3年)
小椋裕介(4年)
神野大地(4年)

全日本大学駅伝では調子を崩した神野選手の状態が鍵を握りそうです。

東洋大学 有力選手

東洋大学 箱根駅伝

服部勇馬(4年)
服部弾馬(3年)
口町亮(3年)
櫻岡駿(3年)

全日本大学駅伝の勢いをそのままに箱根駅伝でも発揮したいところでしょう。なんといっても注目は服部兄弟。2015年のリベンジなるか?

駒澤大学:有力選手

駒沢大学 箱根駅伝

中谷圭佑(3年)
工藤有生(2年)
其田健也(4年)

駒沢大学 箱根駅伝

馬場翔大(4年)
西山雄介(3年)
大塚祥平(3年)

選手層の厚さとバランスのよさは今回出場校の中で上位の存在。
青学、東洋の対抗一番手です。

山梨学院大学:有力選手

山梨学院大学 箱根駅伝

ドミニク・ニャイロ(1年)
市谷龍太郎(2年)
佐藤孝哉(3年)

山梨学院大学といえば留学生といっても過言じゃありません。
ドミニク・ニャイロの存在感が光ります。

早稲田大学 有力選手

早稲田大学 箱根駅伝

柳利幸(4年)
平和真(3年)
井戸浩貴(3年)

伝統校が満を持して箱根駅伝を駆け抜けます。
選手の総合力が素晴らしく、もちろん優勝候補の大学です。

東海大学 有力選手

東海大学 箱根駅伝

湊谷春紀(1年)
川端千都(2年)
荒井七海(3年)

2016年箱根駅伝の目玉というべき存在、スーパールーキーの
湊谷春紀選手に注目です。

今年もイケメン選手が多いですね!
私個人的には駒沢大学其田健也選手押しです。

上記以外の出場校にも素晴らしい選手がたくさんおりますので、
気になった選手がいたら追記していきたいと思います!

2016年、第92回箱根駅伝も様々なアツいドラマが生まれることでしょう!
正月からお茶の間を感動させるこのスポーツイベントを
大いに楽しいたいものですね。

最後までご覧いただきありがとうございます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ネイサンチャン フィギュア男子
  2. 畠山愛理 新体操
  3. 丸佳宏
  4. miyawaki00
  5. 永木亮太 年収 日本代表
  6. 藤光謙司
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。